正しい検査で病気を察知!甲状腺の病気を見つけるための病院選び

ホルモンの異常による病気

花

ホルモンの病気の特徴

甲状腺ホルモンが過剰に分泌される状態が続くと、バセドウ病という病気を発症する。バセドウ病は20才から40才までの女性に多い自己免疫疾患である。バセドウ病になると眼球が突出したり、動悸や息切れなどの症状が出る。バセドウ病とは逆に、甲状腺ホルモンの分泌が少なくなると、橋本病を患う可能性が高まる。橋本病は40代以上の女性に多い病気で、バセドウ病と同じく自己免疫疾患である。バセドウ病や橋本病などの甲状腺ホルモンの病気は、内科や内分泌科の病院で治療が受けられる。甲状腺ホルモンの病気は、尿検査と血液検査によって判明する。甲状腺の病気の治療は薬物療法によって行われる。症状が悪化している場合は外科手術で治療する。

内分泌科が人気のある理由

甲状腺ホルモンの異常が原因で発症するバセドウ病などは、内科や内分泌科で治療することができる。内分泌科の病院には内分泌の専門医が在籍しており、専門的な治療が受けられることで人気がある。内分泌科の診療科目は内科の範疇に含まれ、内科の病院にも甲状腺の病気の治療が得意な医師は在籍している。内分泌の専門医はバセドウ病や橋本病などの病気の治療を得意としており、薬物療法などによって病気を治療する。内分泌科や内科の病院では、ホルモン補充療法による更年期障害の対策を行っている。ホルモン補充療法を行っている病院は、更年期障害で悩んでいる女性からの人気が高い。ホルモン補充療法を受けることによって、更年期障害の諸症状が緩和される。