正しい検査で病気を察知!甲状腺の病気を見つけるための病院選び

のどの違和感

男の人

喫煙が大きな原因

咽頭は鼻に最も近い上部、舌に近い中部、一番下にある下部の部分に分けることができます。咽頭がんも発生した場所によって上、中、下の咽頭がんと分けられています。咽頭がんを発症する大部分が下咽頭がんを発症しています。このがんは男性に多くみられるがんで、下咽頭がんの一部で女性に多く発症するタイプもあります。貧血の女性に多くみられるがんになっています。中部と下部にできるがんは飲酒や喫煙の影響が指摘されていて、ストレスなどをためて飲酒や喫煙が多くなってくるとこれらのがんが多くなってくると指摘されています。上、中,下部にできるがんによっていろいろな症状が出てくるのが特徴で、ものを飲み込むときの違和感や首が絞められているといった感じが見受けられます。

できた場所により

この咽頭がんは食道がんを発症することが多くなっているがんです。咽頭の上部にできたがんは肺や肝臓、骨などに転移することもよくあります。これらの咽頭がんは初期であれば放射線療法で治ってしまうことがよくあります。下部にできたがんは症状があまり良くなく、発見した時にはひどく進行している状態で見つかることもよくあります。その大部分は手術を必要とします。その時に食道を切除する手術も同時に行われることもよくあります。どの部分にできてしまったがんでもリンパ節への転移があるときには、再発をしてしまう確率が高くなってしまいます。煙草を吸い続けていると別の場所にがんができやすくなってしまうので注意が必要になってきます。新たながんを発生させないためにも喫煙しないようにか心がけましょう。