正しい検査で病気を察知!甲状腺の病気を見つけるための病院選び

把握しておくべき内容

看護師

前立線がんというのは男性ホルモンとの関係が深いため、女性ホルモンを使用した治療が有効とされています。ですが女性ホルモンは長期間飲み続けなければなりませんし、こうした治療と同時に睾丸の摘出を行うことも少なくありません。そのため身体の女性化を心配する人もいます。そこで今後は、がん細胞にのみ効果を発揮する女性ホルモンの開発などもされていくのではないでしょうか。そうした女性ホルモンがあれば、前立線がんの治療にも意欲的になる人は増えるでしょう。前立線がんは転移したとしても、適切な治療によって良くなる可能性の高い病気です。ですので意欲的に治療に専念できる物が開発されれば、更に治癒率は上がっていくような気がします。

前立線がんは、初期には殆んど症状が現れません。現れたとしても夜間の頻尿といったものですので、がんだと気づかない人も多いのです。また、骨に転移したとしても、腰痛や背痛といった症状のため、前立線の病気を疑うことは少なくなっています。そのため、そのまま放置してしまう傾向が強くなっているのです。前立線がんは転移しても治癒率が高い病気だとはいえ、早期で発見するに越したことはありません。ですので夜間の頻尿がある場合には、自己判断せずに1度検査をしておいた方が良いでしょう。その場合、前立線肥大や前立線炎などと症状が似ていますので、それらの病気と間違えないよう「がん検診を」と伝えることが大切です。腰痛などがある場合には、転移も視野に入れた検査を行うと安心でしょう。