正しい検査で病気を察知!甲状腺の病気を見つけるための病院選び

最新記事一覧

のどの違和感

男の人

咽頭がんは発生した場所により上、中、下の咽頭がんに分けられています。ほとんどが下部でできるがんが多く、大量の飲酒や喫煙で発症することが多くなっています。また貧血が原因で起こる下部のがんも多くなっています。

もっと詳しく

ホルモンの異常による病気

花

バセドウ病や橋本病は、甲状腺ホルモンの異常によって発症する病気である。甲状腺ホルモンの病気は、内科や内分泌科の病院で治療が受けられる。主な治療法は薬物療法であり、症状が悪化している場合は外科手術によって治療する。

もっと詳しく

見逃されやすい病気

先生

ホルモンの働きや腫瘍

甲状腺の病気はホルモンが少なすぎたり多すぎて起こってくるものと、ホルモンの数値は正常だけれどはれやしこりが出てくるものに分けられます。ホルモンが増えてその働きが活発になりすぎるのを甲状腺中毒症、甲状腺機能亢進症と呼んでいます。代表的なものにバセドウ氏病があります。この逆でホルモンが低下している症状を甲状腺機能低下症と呼んでいます。代表的なものに慢性甲状腺炎があります。この病気は別名橋本病と呼ばれています。甲状腺に腫瘍が発生してしまうこともあります。またホルモンの分泌があまり変化が表れてこない症状もあります。甲状腺の病気は検査法の進歩によりだんだんと多くなってきています。いままで見逃されていた人が検査の進歩で多数見つかるようになりました。

違う病気と間違ってしまう

甲状腺の病気があったとしても最初のほうはゆっくりと進行してくるためにほかの病気と間違えやすくなっています。疲れやすかったり、休息を取っても疲れが取れない、すっきりと起きることができないなどの症状が発生してもただ単に疲れがたまっただけだと、ほおっておかれるのが多い病気です。また甲状腺の病気は全身に症状があらわれて来ます。のどが乾いてしまったり、食べても体重が減ってしまう、汗をたくさんかいてしまうなどの症状が現れてきますが、これらの症状は糖尿病と全く同じ症状です。ですからこの病気にかかった人は糖尿病と間違ってしまいます。橋本病の症状は更年期障害の症状と全く同じですから気にしない人も多くいます。治療を正しく行うためにも定期的に健康診断を行うことが大切です。

セレン不足が問題

自然環境にある物質・セレンは人体にもあるものですが、このセレンがほとんど見られないエリアにおいて甲状腺の病気を多く発症していることが分かりました。セレンと甲状腺というと、おおよそ結びつきが薄いと思われている人が多いですが、実際に正しい検査を行なってみると、そのエリアに住んでいるか住んでいないかで如実に出る結果があったようです。逆に人体でセレンの量が一定量を超えていると、甲状腺の病気を発症しづらいこともわかっているので、今後の検査や治療において大きく注目されている分野となっています。

把握しておくべき内容

看護師

がんの一種である前立腺がんがあります。これはがんであるため、早期発見していく必要があり、またこの病気は男性ホルモンからの影響があることから、治療では女性ホルモンを含む物が使用され、またある行いで転移のリスク下げられます。

もっと詳しく